半農半菓
自己催眠
2008年9月19日
こんなわかりやすい内容の話がまわってきたので、
紹介したいと思います。
心屋仁之助(こころやじんのすけ)さんという方のメルマガからの内容のようです。


★催眠術・暗示の掛け方

「催眠術」や「暗示」にかける言葉の使い方があります。
「あなたが○○○をすると、あなたは▽▽▽になります。」
とか
「私が○○○すると、あなたは▽▽▽になります。」
というように、○○○に「事実」や「行動」を入れます。
そして▽▽▽に、暗示をかける人が望む言葉を入れます。

「あなたが椅子にゆったりと腰掛けていると、あなたは眠くなります。」
「私が数を三つ数えると、あなたはニワトリになります。」

というようにね。

もちろん、暗示にかかりやすい人と
そうでない人はいますので
これですべてかかるわけではありませんが、
これが基本の形です。

で、よーーーーーく思い出してほしいのですが、
この言葉の使い方、どこかで聞いたことはありませんか?

★両親は催眠術師?

牛乳をたくさん飲むと、体が強くなるよ。

そんなやり方をしてると、失敗するわよ。

あなたがいいことにしてると、おもちゃを買ってあげるよ。

ちゃんと勉強しないと、あの人みたいになるのよ。

遊んでばかりいると、将来困るわよ。

誰とでも仲良くしないと、嫌われるわよ。

いい学校を出ていい会社に入ると、幸せになれるのよ。

好きなことばかりやってると、ろくなもんにならないわよ。

あなたがいい成績をとると、お母さんうれしいわ。

自分勝手なことしてると、人に迷惑をかけるのよ。


これ・・・ 暗示の基本文章です。
結果的に、催眠にかけようとしてます。

もしかしたら、わたしたちも知らずに使っています。

あなたが繰り返し言われた言葉は何ですか?

その催眠術にかかっていませんか?

これは、親や先生の価値観です。
親や先生が「強く信じていることです」

★体験を通じて自己暗示に掛ける

また、他にも自分の体験を通じて
「自己暗示」にかかっているかもしれません。

たまたま出かけたときに雨が降った。

「私が出掛けると 雨が降る」

たまたま私がしゃべった時に、みんなが黙っていた。

「私がしゃべると、みんながしらける」

病気のときだけ、親が優しくしてくれた。

「私が病気になると、やさしくされる」

親の言うことを聞いたら、おもちゃを買ってもらえた。

「いい子にしてると、いいことがある」

親に反抗したら、こっぴどく怒られた。

「自分の意見を言うと、怒られる」

これらの「出来事」が「たまたま」だったとしても
そう思い込む可能性があります。

たまたま起こった出来事を
自分で勝手に結びつけていませんか?

このようにして催眠術にかかってしまった人は
自分の意志とはまったく違った行動をとってしまいます。

★催眠術・自己暗示を解くにはどうすればいいのか

ただ、この「暗示」「催眠」も
「強く信じているだけ」である可能性もあるのです。

そして、そこから解き放つためには
まずは「自分がどんなことを思いこんでいるのか」
を知る必要があります。

そのためにも、そのことを思い、
強く決心した出来事を見つける必要があります。

そして、その思い込みが今まだ必要なのか

その思い込みを持っていると、幸せなのか

その思い込みは、信念は、本当なのか

自分自身に問いかけるところから始める必要があります。

もしそれ〔思い込み〕を知ったのなら新しい暗示を入れます。
逆の暗示を入れるのです。
何度も。

「私が○○をすると、◎◎になる」ってね。

自分に都合のいい暗示を入れます。

もしくは、それ〔思い込み〕がわかったのなら、
自分に許可を出します。

「わたしは、もう●●をしなくていい」

そして最後に、自分で催眠を解きます。

「私(自分)が数を三つ数えて手をたたくと、
 思い込みが外れます」

とつぶやいた後に、「1.2.3 パチ」と手をたたく。

こんなことも可能性として何度もやってみてくださいね。

ページアップ